沖縄そば 食堂チコのブログです
by shokudo_chico
カテゴリ
全体
メニュー
営業時間・定休日
お店の外観
お店の内装
お知らせ、ほか
よもやま話
レシピ・作り方
未分類
検索
ブログパーツ
以前の記事
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
画像一覧
その他のジャンル


<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

花!

b0300620_12572320.jpg

お客様からお花を一輪、プレゼントしていただきました。
ガーベラーです。
花瓶がなくて、ウィルキンソンの空きビンにささせてもらいました。

きれいだなぁー。
お花って、いいものですね。
ありがとうございます!
 

 
[PR]
by shokudo_chico | 2014-04-27 12:58 | よもやま話

アンダカシー

b0300620_12503792.jpg


アンダカシーってご存じですか?
日本語的にいえば「あぶらかす」。
豚肉の脂肪部分を中華鍋などで熱し、ラード(豚の獣脂)を抽出した後に残ったものを指します。
だから、「あぶらかす=アンダカシー」。

写真のうち、手前がアンダカシーで、奥の黄金色の液体が抽出したばかりのラードです。
ラードは冷やすと白く固まります。
アンダカシーに塩を振ると、サクサクしてビールのアテに最適な一品になります。

食堂チコでは、豚のうで肉の煮付けを沖縄そばに乗せています。
豚のうで肉には脂肪がついていますが、これを煮るまえに削ぎ落します。
(沖縄では、グーヤーヌジと言って、脂を削いだ状態で売っていることが多い)
削ぎ落した脂はもったいないので、ラードを取って、アンダカシーにしています。

アンダカシーは古くなると胸やけするので、そのまま食べるのは作ってからせいぜい3日目くらいまで。
出来たてのアンダカシーがあるときは、ビールをご注文のお客様にお出ししています(^^

b0300620_12552748.jpg


■作り方
※アンダカシーを作るときは、背脂より、腹や腕の脂肪のほうがよいと聞いたことがあります。
背脂だとたくさん油が取れる分、カスが少ないのだそうです。

○材料 腕部分の脂肪…300g
※最低200gくらいあるとよいです。

1)脂肪を2cmくらいの角切りにする。角にならなくても、小さく切れば大丈夫です。
2)中華鍋、または天ぷら鍋(鉄製の鍋が吉)を弱火にかけ、切った脂肪を入れます。鍋の中で脂肪を広げるようにバラします。
3)しばらくすると油がじゅくじゅく湧いてきます。油が出やすいよう。ときどき脂肪をかき混ぜるとよいです。
4)耐熱性のあるお玉で、油が湧く都度すくっていきます。ボールに金属のザルをかぶせ、都度都度あけて→戻してを繰り返しも。熱いので火傷注意!
5)火加減はずっと弱火のまま。脂肪から油が出なくなり、脂肪が薄いきつね色になったら終了です。
6)残ったカスがアンダカシーです。適当に塩をふって、温かいうちに食べましょう。

アンダカシーは冷めてからでも、1〜2日くらいは美味しく食べられます。
それ以降は、刻んで野菜炒めやカレーなどに少量加えると隠し味になっておいしいです。
すくった油はラードです。フタの出来る器(空き瓶など)に入れて、普段の料理に使えます。
とくにチャーハンやチャンプルーに使うと美味しいですよ!

追伸
アンダカシーを検索して当ブログにいらっしゃる方が多いことがわかりました。
大した追加情報ではありませんが、アンダカシーについてもう少しだけ追加を書きました。
よろしければこちらもご覧ください。

続・アンダカシー
http://chico93.exblog.jp/24135429/
 


 
[PR]
by shokudo_chico | 2014-04-27 12:55 | レシピ・作り方

まかないレシピ 豆腐と豚コマの塩ダレ丼

ご好評に応えて!? まかないレシピ、第2弾。
今回は、豆腐と豚コマ肉の塩ダレ丼です。

b0300620_0513525.jpg


◇材料(1人前)
【タレ】塩…小さじ1/3~1/2、かつおだし…大さじ1強、レモン汁…小さじ1、ごま油…少々(小さじ1/2くらい)、荒挽き胡椒…少々
豚コマ肉……80g
木綿豆腐……1/3丁
もやし……少々(3本の指でひとつまみ)
万能ねぎ……適宜

◇下ごしらえ(豆腐の水きり)
・豆腐をキッチンペーパーでくるみ、多少深みのある皿に乗せ、3分(100gにつき1分加算が目安)ほど加熱する。
・豆腐と同重量程度の重石をして、冷めるまで置いておく。

◇作り方
・あらかじめタレの材料を混ぜておく。
・フライパンにサラダ油(分量外)を大さじ1/2ほどひき、強火で熱する。
・豆腐を塊のまま入れ、箸で6~8等分に切り、ほどよくこんがり焼く。
・豚肉を広げながら焼く。もやしを投入する。
・豚肉に火が通ったらタレを全体に回しかけ、火を止める。
・丼にご飯と一緒に盛りつけて出来上がり。

レモンの酸味が食欲をそそります。
塩加減は好みで加減してくださ。

それでは、また!(^^)/
 
[PR]
by shokudo_chico | 2014-04-20 01:03 | レシピ・作り方

まかないレシピ 油そば

こんにちは、食堂チコです。
今回はまかないで食べているメニューの作り方を紹介したいと思います。

◆沖縄そばで油そば

b0300620_23214884.jpg


◇材料(1人前)
【タレ】 しょうゆ、オイスターソース、サラダ油、ラード……すべて小さじ1
沖縄そばの麺……1人前(180~200g)
万能ねぎ……適量
お酢、ラー油……お好みで適量

◇作り方
・どんぶりにタレの材料をすべて入れ、ラードを溶かすためにレンジで20秒ほど加熱する。
・茹でた熱い麺とネギを入れ、よく混ぜる。
・お好みでお酢、ラー油を加え、よく混ぜる。

お店ではオイスターソースの替わりに、お肉の煮汁を使っています。
また、ラー油の替わりに、コーレーグースーも。

沖縄そばの麺がなければ、うどんでも、ラーメン用の麺でもOK。
栄養的にはいかがなものか? というメニューですが、美味しいです(^^
お家で作る時は、もやしやキャベツを茹でて、きっちり湯きりしてトッピングすると良いと思います。
(その場合、醤油を小さじ2くらいにしてもいいハズ)

よろしければ、どうぞお試しを!
 
[PR]
by shokudo_chico | 2014-04-17 23:34 | レシピ・作り方

RBC iラジオ、はじめました

東京でも沖縄のラジオが聞けるようになりました!
すごい時代になったものですね~。

Radikoというサービスで、東京にいながらインターネット経由で沖縄のラジオが聞けるようになりました。
とゆーわけで、食堂チコでは4月1日より、琉球放送RBC iラジオを営業時間中かけています。

b0300620_23353140.jpg

MusicShower Plus+

とくに!
お昼の時間に放送されている「Music Shower Plus+」という番組が面白い!

沖縄そばと一緒に、沖縄の話題、沖縄の言葉、沖縄の時間を楽しんでいただければ幸いです(^^
 
[PR]
by shokudo_chico | 2014-04-15 23:37 | お知らせ、ほか

タマナーチャンプルー、始めました!

久々の新メニューです。
タマナーチャンプルー、始めてみました!

b0300620_2310431.jpg

タマナーチャンプルー(650円)

タマナーとはキャベツのこと。
キャベツは「キャベジン」で有名なビタミンUのほか、ビタミンCもたくさん含んでいます。
また今は春キャベツの旬!
美味しいですよ〜(^^)

※豆腐、キャベツ、卵のほかに、玉ねぎとポークが入ってます。ネギぬき、ポークぬきも対応できますので、お声掛けください。

野菜不足が気になる方、おそばのサイドメニューにいかがでしょう?
単品+ご飯の組み合わせでも、もちろんOKです(^^)/
 
[PR]
by shokudo_chico | 2014-04-07 19:08