沖縄そば 食堂チコのブログです
by shokudo_chico
カテゴリ
全体
メニュー
営業時間・定休日
お店の外観
お店の内装
お知らせ、ほか
よもやま話
レシピ・作り方
未分類
検索
ブログパーツ
以前の記事
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
画像一覧
その他のジャンル


カテゴリ:未分類( 4 )

【予告】丑の日に「うしそば」!

 
本年7月29日(火)の土用の丑の日に向けて、限定メニュー・うしそばを開発中です。

b0300620_10322352.jpg

丑の日と言えば「うなぎ」ですが、本来は丑の日に「う」のつく食べ物を食べると夏バテしないという縁起です。
すなわち、「う」のつく食べ物ならなんでも良いということ。
うなぎのほかに「う」が付く食べ物と言えば、うどんうめぼしうのはな……などなどありますが、沖縄そばの具にして美味しいのはやはり「牛(うし)」だろうと!
というわけで、牛スジ肉を柔らかく炊いたのを具にしてお出ししたいと思っています。

予価、950円!(高い! ごめんなさい!)
※たぶん、限定10食くらいになると思います。

自画自賛ですが、美味しくできたと思います。
ご提供するとき、牛スジの煮汁をだしに少し加えることで、なんともいえない牛肉のだしも感じてもらえると思います。
どうぞお楽しみに!

【余談】

「丑の日はうなぎ」をスタンダードにしたのは江戸時代の発明家、平賀源内さん。
当時のうなぎは、現在のように蒸して油を落とす製法がまだ確立しておらず、油っこくて、けして上品な食べ物ではなかったそうです(「鬼平犯科帳」でそんな風に書いてあった)。
夏に積極的に食べたいと思うものではなかったのかもしれません。

平賀源内さんは、うなぎ屋さんに、たんに「本日、丑の日」と書いておきなさいといっただけという話があります。
その貼り紙を見た人が、「ああ、うなぎも『う』がつくな!」と連想して、繁盛したのではないでしょうか。

現在、ニホンウナギの数が著しく減少していると言われています。
私は、うなぎを専門に扱うお店以外では、うなぎ以外の「丑の日メニュー」を考えたほうがいいんじゃないか? と思っていました。
あ! なら、まずは自分からやらなくちゃ! と思いいたり、今回の「うしそば」を考えてみました。
食堂チコから、「専門店以外での脱うなぎメニュー」の提案です。

なんちゃって、大上段すぎますかね~?(^^;
 
[PR]
by shokudo_chico | 2014-07-20 10:49

タマナーチャンプルー、始めました!

久々の新メニューです。
タマナーチャンプルー、始めてみました!

b0300620_2310431.jpg

タマナーチャンプルー(650円)

タマナーとはキャベツのこと。
キャベツは「キャベジン」で有名なビタミンUのほか、ビタミンCもたくさん含んでいます。
また今は春キャベツの旬!
美味しいですよ〜(^^)

※豆腐、キャベツ、卵のほかに、玉ねぎとポークが入ってます。ネギぬき、ポークぬきも対応できますので、お声掛けください。

野菜不足が気になる方、おそばのサイドメニューにいかがでしょう?
単品+ご飯の組み合わせでも、もちろんOKです(^^)/
 
[PR]
by shokudo_chico | 2014-04-07 19:08

チコってだぁれ?

こんにちは、食堂チコです。
今日は店名の由来についてお話したいと思います。

ときどき初めてご来店のお客様から、「チコさん(女の人)がやってるのかと思ったら違った!」と言われることがあります。
はい、店主は男で、またチコという名前でもありません。
ちなみにおっさんです(・ω・)/

では「チコって誰?」という話になるのですが、チコさんは自分の最初の料理の先生。
自分に料理の楽しさを教えてくれた人です。
食堂チコの店名は、その人の名前から取りました。

残念ながらその人はもう亡くなってしまいました。
たくさんの料理を教えてもらったし、「料理を作って誰かに食べてもらう楽しさ」を教えてくれたのがその人でした。
「美味しいものを食べると元気になる。美味しいもので誰かを励ます」。
自分の料理の原点です。

お店の名前を考えているとき、ふとその人の名前が思い浮かびました。
初心を忘れないために、お店の名前に使わせてもらうことにしました。
悩んだときや、いいアイデアが浮かばないとき、チコさんならどうするかな〜? と考えると、不思議と解決策が見つかることがあるんです。

そんな店名の由来に負けしないように、日々精進したいと思います。
今後とも食堂チコをよろしくお願いします!
 
[PR]
by shokudo_chico | 2014-02-07 17:07

食堂チコの器について

こんにちは!
今日は食堂チコで使っている器を紹介したいと思います。

食堂チコの器には、沖縄の「やちむん(焼き物・陶器)」を使っています。
読谷村の田陶房という窯元さんに焼いてもらいました。

b0300620_18493575.jpg


沖縄のやちむんといえば魚紋や赤焼きなどが特徴的で有名ですが、水玉やストライプなどシンプルな柄のものも多くあります。
これが……好き!
素朴さと可愛らしさが同居しているところがたまりません。

器は料理の着物と言われたりします。
おそばの器だけは、どうしても沖縄のやちむんを使いたいと思っていました。
大きさ、深さ、柄など、すべてのリクエストに応えてくださった田陶房さんに感謝です。

チコの沖縄そばは自分が沖縄で味わったそばと同じDNAのものを東京でも!
と思って作っています。
器でも、沖縄の風を感じていただければ嬉しいです(^^)
 
なお、田陶房さんの器は、那覇・国際通りのわしたショップで買うことが出来ます。
那覇観光の際はどうぞ立ち寄ってみてください。
 
[PR]
by shokudo_chico | 2013-11-28 18:32